ホリエモンのロケット


最近、ホリエモンこと堀江貴文氏がファウンダーになっている民間企業、インターステラテクノロジズが開発しているロケットの発射実験が北海道で行われ、失敗に終わり墜落したとのこと。打ち上げからおよそ4秒後だったらしいですね。 当事者はもとより、見物に来た人々もがっかりだったとか。

私も、中学生の頃、アポロ計画で人類初の月面着陸という偉業を成し遂げた時は非常に興奮したことを覚えています。そして、神秘的な宇宙のことを考えて、いろいろな科学系の書物を読みだしたのもこのころでした。

アポロ計画のロケット開発の中心人物であるフォンブラウン博士に触発されてロケットの本を買って読んだものだった。そのころ恒星間飛行をするためには光子ロケットが適しているとか、核爆発をその推進力とするものとか、いろいろなロケットが考案されていました。

そのころ、同時に興味を持ったのはアインシュタイン博士の相対性理論や量子力学でした。理解できるかどうかはともかくとして、その神秘的な魅力にとりつかれました。

その時間や空間、素粒子から広大な宇宙の法則、仕組みまでの謎を解き明かすべく進化し続ける現代物理学ですが、今あらためて考えるとロケットは何かを燃やしてその慣性力で飛行するものですね。

その何かを燃やして飛んでいくということが非常に原始的な気がしてやめてほしいと真剣に思うようになりました。勿論制御工学の最先端の理論や、技術の結晶であることはいうまでもありませんが、それならイーロンマスク氏が既に火星に人を送るべく実験を繰り返し、発射してまたもとの発射台まで戻ってこれるような高度な自動制御の技術をもってしてロケット技術の最先端をいっているではありませんか。

ホリエモンは宇宙旅行を民間でとか言っていますが、現状できる範囲でちまちましたロケット遊びをしているようにしか思えません。どうせなら、もう何かを燃やして飛ばすのではなく違う技術を開発してほしいものです。「俺は好きなことをやっているんだから、やりたいならお前やれよ」と言われそうですが。



Copyright © 2016 みのるの徒然日記 All Rights Reserved.